セラミドの種類

セラミド美容液、セラミド化粧水に使用されているセラミドは、その由来から主に4つの種類に大別されます。

よく、ヒト型セラミドという名称を聞きますが、バイオ技術によって生成されたバイオセラミドの別称です。
元来人間の肌がもっているセラミドと同じ構造で合成されたものであるため、
親和性が高く浸透力にも優れています。

このセラミドは、そのような特長と天然セラミドほど効果でないという理由から
大変多くのセラミド化粧品に使用されています。

その代表が、メディプラスオーダーズ メディプラスゲル、エトヴォス セラミディアル、
富士フイルム アスタリフト ジェリー アクアリスタ、ディセンシア アヤナス、ディセンシア つつむ、
小林製薬 ヒフミド、ブルークレール ローズリバイタルエッセンスクリームSなどです。

天然セラミドといわれる動物由来のセラミドは、化粧品に馬由来のものが多く使われています。
それ以外に、植物性由来の植物性セラミドや石油原料から合成される合成セラミドがあります。

多くのセラミド美容液は、1種類のセラミドを配合していますが、
サントリー ビトアス ザ パーフェクトセラムには、植物由来のセラミドとヒト型セラミドの2種類が配合されています。

人気のセラミド美容液で動物由来の天然セラミドが配合されているものとしては、「海のブレア」があります。